お知らせNEWS

【導入事例】介護職:伝達漏れが減り、 スタッフの笑顔が増えた

確実な情報共有で伝達漏れが減り、スタッフの笑顔が増えました


株式会社サインポスト様
職種:介護職
利用者が可能な限り住み慣れた自宅で日常生活を送れるよう心身機能の維持、家族の介護負担を軽減する短時間制リハビリデイサービスを運営。
地域と利用者一人ひとりに寄り添ったサービスを提供されています。


導入前の状況

■ノートや口頭でのやり取り:言った・言ってないという問題や、連絡用ノートが今どこにあるのかわからず正確性に欠ける
■無料チャットツールの導入:スマーフォンを持っておらずツールに登録できないスタッフが居る、セキュリティ面の心配からお客様情報のやり取りができない
■グループウェアの利用:機能が多すぎて高齢のスタッフには難しい、10人以下の企業だと機能を持て余してしまう

導入後の状況

■パソコン版、スマーフォン版どちらも簡単操作で高齢のスタッフでも楽しく手軽に利用できている
■外出中のスタッフとも利用者の状況や急な予定変更を素早く共有できるので、対応の正確性と素早さが上がった
■既読機能のおかげで誰が確認したか一目で判断できるため、お知らせの伝達漏れが大幅に減った


実際の仕事中の様子


導入のきっかけ、ポイント
アカウントは管理者が作成でき、パソコン、スマーフォンから手軽に利用できる点が魅力的でした。
今まで利用していたツールは個人でアカウントの取得が必要でしたが、一人ひとりに取得の説明を行ったり、スマートフォンを持っていないスタッフはアカウント取得自体ができなかったりと、足並みを揃えて利用することができませんでした。
しかし、チーム手帳はアカウント取得・管理を一括で行えるため、導入も簡単でスタッフ全員がすぐに使い始める事ができました。
また、操作が簡単で誰でも使い易い点も決め手でしたね。


連絡漏れが大幅に減少
デイサービスのため利用者を迎えに出ているスタッフ、リハビリに当たっているスタッフなどがおり、全員で集まれる場がありません。
そのため、既読機能は誰が確認したか一目で分かるのでありがたいです。
既読数がすくない時は読んで欲しいという連絡を個別で行えますし、言った・言ってないという問題が解消されました。

コミュニケーションUPで作業時間が短縮
スタッフが全員女性なのでスタンプ機能は好評。
可愛くて気軽に利用できるので、誰でも情報発信ができる雰囲気づくりに大いに役立っていますよ。
「了解」「確認しました」などシンプルなものも多く、スタンプ一つで返事ができるので60代のスタッフも使いこなせています。
ノートやチャットで文章として返事を考えなくてもいいので、作業時間の短縮にもなっています。


読み返したい情報もまとめて保管でき、すぐに確認ができる
長文や書類など、定期的に見返す可能性がある書類はまとめてライブラリへ保存しています。
紙の書類ですと必要なものを探してくる手間や出先で確認できないという問題がありますが、ライブラリならフォルダ分けもできるので必要なフォルダがすぐに開けてて便利です。
また、チャットルームやり取りした内容の重要な部分のみをまとめてライブラリへ保存しておけばいつでも見返す事ができるので、チャットで決めた内容を忘れてします、ということも無くなりました。

新規お申込み

ホームページ上でお申込みいただき、
ご利用を開始できます

新規お申込み